2018年5月13日日曜日

風薫る、さわやかな、肘折温泉。

風薫る、さわやかな、肘折温泉です。

昨日・今日と、東北芸術工科大学の洋画コースの一年生が、当館つたや肘折ホテルとお隣六助さんでお泊まり合宿でご来湯です。

肘折温泉、今がちょうど桜の散り際。

当館に展示させていただいている「書」の一つに、

つばくらめひるがへりとぶ渓あひの山ざくら花は千里にけるかも」

とあります。

今の事だな・・・と思って、ちと調べてみると、

若山牧水の歌で、
「つばくらめひるがへりとぶ溪あひの山ざくらの花は褪(あ)せにけるかも」
と言うのがあります。(大正12年『山櫻の歌』、湯ヶ島温泉)

ちょっと違いますね・・・。

書は、沼の台「龍泉院」の前中村ご住職のおじさまによるものだそうです。
「千里にけるかも・・・
も、いいな・・・などと、素人ながら思っています。

で、
肘折温泉に翻る、「燕(ツバクラメ)」の方は、3年ほど前から異変が。

肘折温泉周辺に飛ぶツバメの類いは、ほとんどが「イワツバメ(岩燕)」だと思っていたのですが、ここ3年、顔の赤く、尾っぽの切れの深い、「ツバメ(燕)」がやってきているようです。

巣の形も違っているようで、岩燕は、口が小さいどんぶり型で、普通の燕は、巣の上部が横にペロッと切れてる、お椀型。

岩燕、飛んでいるのは見るのですが、ウチに巣を作らなくなりました。

雪が多かったのに、暖かい日が続いているためか、桜もタムシバも、ヤシオツツジも、一緒に咲いています。

お散歩していて本当に楽しい季節です。

山菜もこれからが、本番。

是非!

 

2018年5月2日水曜日

あっという間に、春爛漫の肘折温泉。

あっという間に、春爛漫の肘折温泉。

昨日、5/1 19:00、アメダス積雪データ、0cm となりました。

が、当館三階ベランダから見上げると、観測点のある旧肘折小中学校グランド付近には、まだのっそりと雪が見えます???

15時間で、20cmの雪が消えるのは、ちと不思議???
(過去データから、20℃を越える最高気温で雨が降っても、12・3cmほどが24時間最大融雪量と思っていました。)

どうなっているんだ?っと、スタッフには内緒で、ひとり、現状確認に。
( サボりではありません!・・・っと (^_^;) )


地面出し競争の会場、旧肘折小中学校グランドはこんな感じです。
やっぱり40cmぐらいの結構な雪が、全面に残っています。

で、アメダス観測点はと言うと・・・・

 ここだけ、「雪がない?!」

柵や電柱などの構築物が密集しているため、山の木々の「根開け」と同様、地中の熱が伝導しやすい環境の上、かなり黒っぽい素材で整地された事によって、局所的に融雪が早まっているのではないかと思います。
(・・・と、スタッフ、家人に話したら、
「まだ、こりぐづこいで。いそがすいなさ、いぎなりいねぐなっって!」っと、皆さまご立腹のご様子・・・
m(_ _)m スマンっす )



いつもの年だと、雪が消えてから咲くグランド周辺の、「タムシバ」や「しだれ桜」も咲いています。

肘折温泉、一気に「春爛漫」です。

つたや肘折ホテル公式HP
http://www.tutayahijiorihotel.com/






2018年4月29日日曜日

春の肘折温泉。

春の肘折温泉。

積雪は、4/29 06:00現在、45cmです。
記録445cmの最大積雪深を考えると、順調な雪解け。 平年並みの積雪です。 GWを迎え、桜の花も雪の上で咲いてきています。

肘折の春も、早くやってきている様で、 いつもの年は、数日の差ではありますが、 ヤナギの緑 → 桜のの開花 → ブナの新芽 → 春紅葉
と、一応の順番があるのですが、今年は一気。
春を告げる花々もいっせいに咲きはじめ、4/20に始まった朝市も、山菜でにぎわい始めました。
GW後半、5/3・4のお天気は、残念ながら崩れそうです。
おすすめは前半戦?
当館玄関脇の「金兵衛の足湯」も、仮再開致しました。
肘折温泉、もうすぐ春爛漫
是非!

2015年9月3日木曜日

湯の台高原 そば畑、見ごろです!

ようやく晴れ間の肘折温泉。

なかなか良いお天気にならなかったのですが、ひさびさにお日様が顔を出しています。
いつもより早めの秋。

で、湯の台のそばの花が見頃です!
この土日がピークかも?

 山形日和。 プレミアム宿泊券利用の、お得なプランも、るるぶ、e宿、の他、県観光協会などで、取扱中です。

是非!


2015年8月21日金曜日

秋の気配?!

秋の気配の肘折温泉。

肘折温泉の夏祭り「湯坐神社祭礼」も終わり、空気も何となくヒンヤリ。
聞こえてくる音も、降ってくるようなセミの声が、いつのまにか、足下の草むらから聞こえる虫達の声に変わっています。

当館花係おばさんの指令でススキとガマを捕ってくる途中、ちょっとだけ山に入ると、くり、くるみ、あけび、山葡萄、こくわと、実をつけていました。
この秋の「生り物(ナリモノ 成り物?)」は、良さそうです。

本格的な秋を前に、ちょっと秋探し。


残暑を逃れて、夏の疲れとりに、お湯でゆっくり。
山の湯治場で過ごすには、いい季節です。


っと、この28日には、「肘学」に呼ばれました。
この夏大活躍の若い衆に「温泉のお話」をする予定です。
一般にも開放。(有料です)

是非!




2015年7月24日金曜日

ひじおりの灯-2015、いよいよ25日より開催!

暑い日がつづく肘折温泉。

暑さに弱い金兵衛は、少々バテ気味っす。

7/22は、肘折温泉でも最高気温、33.3℃。
肘折観測史上8番目(2007/08/12とかと同温度)で、ここ10年では最も高い気温でした。ふぅ〜。

でも、大暑の昨日の最高気温は、夕方5時近くの24.9℃。
まぁ、ガマンできないほどでは無かったのか?っと。

ちなみに山形市は・・・・、7/14の最高気温が37.9℃で、7/22は36.5℃ っす。(^_^);;
冷房も無い下宿で過ごした高校時代、今は末娘がおんなじ環境です。

「さくらんぼ収穫ご苦労さんでした・湯治」の常連さん達は、「肘折、涼しい〜」って、汗ダクダクの金兵衛を横目に、温泉街へお買い物に。
元気っすね〜。

で、今日24日は「丑の日」。
肘折温泉には、土用の丑から湯治にいらっしゃる「丑湯治」という風習がまだ残っています。
夏の暑い日だからこそ「湯治」は最高です!

っと、明日7/25からは、いよいよ「ひじおりの灯-2015」開催!
コアウィークとして8/2までは、当館「つたや金兵衛」の湯治部屋も展示会場となります。
雨対策で、湯治部屋の二階も使うか???
と、観てのお楽しみっと言うところです。

以下ちょっと長いですが、キュレーター宮本さんのFB文書の転載です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

新潟で「大地の芸術祭 2015」、大分で「混浴温泉世界2015」など、全国各地で大型アートフェスがスタートする今週、僕たち山形でも第9回「ひじおりの灯 2015」(山形県最上郡大蔵村肘折温泉)を、迎え盆の前に、土曜日からささやかに点灯。
→ http://www.tuad.ac.jp/2015/06/48592/ 院生+卒業生有志が頑張った新作灯篭23基の他、旧郵便局舎で三瀬夏之介さんの大屏風「肘折幻想」を再展示。点灯初日7/25(土)夜は、空閑理さん(d design travel 編集長) と坂本大三郎さん (山伏/イラストレーター)をゲストに、旅とアート、山と温泉についてしみじみ語らうトーク企画も。僕と三瀬さんも温泉街に泊まり込みなので、仙境霊湯で朝まで(?)ゆるり語らい、翌朝はみんなで地蔵倉で早朝参拝しましょう。月山の麓でお待ちしております。
++++++++++
「ひじおりの灯」は、山形県大蔵村肘折地区と東北芸術工科大学が肘折温泉開湯1200年を迎えた2007年の夏から共同で開催しているアートプロジェクトです。霊峰月山の麓で、いにしえの湯治文化を今に伝える肘折温泉では、毎夏、山形に縁ある若手画家に灯籠絵「ひじおりの灯」の作画を依頼し、夏の夜の温泉街で点灯しています。9年目・9回目の開催となる今夏も、肘折の暮らしの情景や、古くから語り継がれる民話や地蔵信仰、周辺の雄大な自然などを描いた、新作18基を含む美しい灯籠絵43景が揃いました。
コア・ウィークとなる7月25日(土)から8月2日(日)の期間中は、温泉街での屋外点灯のほか、旅館の湯治部屋にも灯籠絵を点灯。温泉街に建つ木造の旧肘折郵便局舎は、日本画家・三瀬夏之介さんが一万年前の火山噴火とカルデラ盆地の形成という肘折の神話的誕生を描いた屏風図「肘折幻想」(2009)の舞台へと姿を変えます。
夏のはじまりは“仙境霊湯”の肘折温泉で、ゆったりと湯に浸かりながら、素朴な湯治文化と夏の夜の絵物語をお楽しみください。
▶︎概要
肘折温泉×東北芸術工科大学
第9回灯籠絵展示会『ひじおりの灯2015/HIJIORI Light Project 2015』
会期:2015年7月25日(土)~8月2日(日)
点灯:18:00~20:30 (会期中無休)
会場:山形県最上郡大蔵村肘折温泉 (温泉街、旧肘折郵便局舎、つたや金兵衛湯治部屋)
※肘折温泉街での屋外点灯は9月13日[日]まで継続して行います。ただし、雨天・強風時は点灯しない場合がございますので、ご了承ください。
新作出品= 佐藤真衣、山口裕子、土井沙織、田中望、原田圭、羽賀文佳、古田和子、浅野由里子、伊藤眸、辛遊理、是恒さくら、鳥潟由子、柏倉風馬、鉾建真貴子、大野菜々子、阿部早苗、小野由美子、 美術科版画コース1年
灯ろう制作= 竹内昌義(設計)、柿崎建具店(組子)、斎藤高子(表装)、下山普行(金物)、三浦一之(紙漉き)
特別展示= 三瀬夏之介「肘折幻想」
主催= 肘折地区、東北芸術工科大学/後援= 大蔵村/企画= ひじおりの灯実行委員会/助成= やまがた観光キャンペーン推進協議会

+++++++++++
「ひじおりの灯」点灯初日には、肘折を知る3つのプログラムを開催!
灯籠絵の鑑賞とともにご参加ください。
●オープニングプログラム『肘学①~③』
2015年7月25日(土)14:00~22:30
肘学①|車座トーク 「山と温泉とロングライフデザイン」
空閑理 (d design travel 編集長) × 坂本大三郎 (山伏/イラストレーター)
14:00~16:30/共同浴場「上の湯」2階 (参加無料)
肘学②|灯籠鑑賞会 「肘折絵語り・夜語り」
2015年灯籠出品者 × 宮本武典 (キュレーター)
18:30~20:00/肘折温泉街 (旧郵便局舎前に集合)
肘学③|直会&座談会 「アートと旅のはなし」
三瀬夏之介 (日本画家) × 坂本大三郎 × 空閑理 × 宮本武典
20:30~22:30/つたや肘折ホテル新館2階宴会場
参加費=一般1,000円、学生500円/ドリンク+おつまみ付

●関連リンク
肘折温泉郷HP:http://hijiori.jp/
ひじおり旅の手帖:http://hijiori.jp/tabi/
ひじおりの灯 Blog:http://blog.tuad.ac.jp/hijiori/twitter:@hijiorinohi
-----------------------

で、8/1は、ほたる火コンサートの開催。

是非!

2015年7月13日月曜日

明日は「開湯祭」。

いいお天気の肘折温泉。

昨日、今年初の30.0℃を記録。
昨日の最低気温は11.6℃でしたから、20℃近い日較差です。

今日も暑くなりそうです。

っと6月は、私の鼻の手術などもあって、しばらくお休みしていたブログですが、再開です。
退院からほぼ一ヶ月。順調に回復中です。

さて、
7月に入り、9年目を迎える「ひじおりの灯」が開催間近と言うこともあって、つづけて雑誌などに取り上げて頂きました。
1紙は、JR東日本さんの「トランベール」、もう一つは、「コトレシピ」という雑誌です。
両紙とも、お山やいろんなところでお世話になっている、山伏の方々と一緒の文脈でご紹介頂いています。
なんだか、すごくうれしかったりして・・・

で、明日は肘折温泉が開かれた伝説の日です。
「開湯祭」というお祭りが開催されます。
いつもは、上ノ湯にいるお地蔵さんを、肘折の若い衆が白装束を着て、年に一度温泉街に出します。
お地蔵さんに、お湯をかけてさすると、悪いところが治るといいます。
でも、お湯の大半は、お地蔵さんよりも、白装束の行者達にかけられます。

是非!